TOPICS

子供の勉強にスマホを活用しよう

2015/09/29


何かと弊害ばかりが取り上げられてしまいがちな子供のスマホ利用ですが、子供の勉強効率を助ける便利なアイテムになることも。では、どのようにして子供の勉強にスマホを活用していけば良いのでしょうか。今回はそのポイントについて詳しく説明していきます。

 

 

スマホのボイスメモを利用した勉強方法

勉強の基本は反復だといわれています。何度も反復することで、いろいろなことを記憶できます。そこで活用したいのが、スマホの「ボイスメモ機能」です。英単語や英会話のフレーズはもちろん、歴史の年号や世界史の用語とその意味、数学の公式や解き方の手順など、おぼえたいことをとにかくボイスメモに吹き込んでいきます。そしてそのボイスメモを、登下校時や暇な時間に繰り返し聞くことで、記憶を定着させます。

 

ただし、その際に注意しておきたいポイントがひとつあります。それは、ボイスメモに吹き込む内容は、事前に意味をしっかりと理解していることが前提であるということです。言葉の意味、公式の意味、用語の意味をきちんと理解していなければ、録音したものを何度聞いても記憶として残すことはできません。効率良く暗記するためには、まずはしっかりと理解をしてそれをイメージできるかどうかということが大切です。

 

辞書アプリを利用した勉強方法

スマホを学習に活用するのなら、「辞書アプリ」は欠かせないアイテムのひとつです。重たい紙の辞書をいくつも持ち運びするのは大変ですが、スマホの辞書アプリなら、どこへ出かけていてもすぐに調べることができてとても便利です。

 

国語、英和、和英、類語辞書がひとつに集約されたもの、いちいち文字を入力しなくてもカメラを文字にかざすだけで調べられるもの、調べた単語を保存しておけるものなどさまざまな辞書アプリがあるので、自分のお気に入りを見つけて、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

タイマーを利用した勉強方法

受験勉強やテスト勉強など、ここぞ!というときになかなか集中できず、時間ばかりが過ぎてしまったという経験はありませんか?そんなときには、スマホのカウントダウンタイマーを活用するのがおすすめです。例えば、1時間集中して勉強をしよう!と決めたなら、カウントダウンタイマーを1時間で設定してスタートします。時間を区切ることでメリハリがつき、際限なくダラダラと勉強していたときよりも、集中力が高まる効果があるのです。

 

また、実際の試験時間と同じ時間に設定をしてカウントダウンタイマーを使うことで、テストの時間配分を身につけることもでき、時間内に問題を解くコツが分かってくるというメリットもあります。

 

カメラ機能を使った勉強方法

図書館や自習室など、外出先では調べたいことや、おぼえておきたいことをわざわざノートに書き写すよりも、スマホのカメラで撮影しておくほうが断然便利です。学習したいページをカメラで撮影をしておき、家に帰ってから必要な部分のみを書き写すだけで、効率的に学習を進めていくことが可能です。ただ、撮影が許可されていない図書室や自習室もありますので、事前に撮影可能かどうかを確認するようにしましょう。また、撮影が許可されていたとしても、撮影時はシャッター音などが周囲の迷惑にならないように配慮しましょう。

 

また、学校でスマホの使用が許可されている場合には、黒板に書いてあることをカメラで撮影しておくこともおすすめです。そうすることで、授業中は黒板の内容をノートに書き写す必要がないため、先生の説明にしっかりと集中することができ、大切なポイントを聞き逃す心配もなくなるからです。もちろん、撮影が許可されている学校でも、撮影時は周囲の迷惑にならないように配慮することが大切です。

 

スマホは使い方次第では優秀な学習ツールとなります。正しい使い方を心がけて活用してみるのも良いのではないでしょうか。