TOPICS

子育て時に親がスマホ依存! 子供に与えてしまう悪影響とは?

2015/09/29



中高生のスマホ依存に対して親の多くが頭を悩ませている一方で、乳児期の子育てをしている親自身がスマホ依存に陥るケースが増えています。スマホはSNSを利用できたり、動画やショッピングを楽しめたり、とても便利なアイテムで、なかなか自由に動きがとれない子育て中の親にとって依存対象となってしまっているようです。ここでは、こうした親のスマホ依存が子供に与える悪影響について考えていきましょう。

 

子育て中の親がスマホに依存してしまうことの問題点

子育て中の親がスマホ依存になってしまうことで、どのような問題が生じるのでしょうか。

最も懸念されているのは、親がスマホ依存になることによって子供と関わる時間が大幅に減ってしまうという点です。スマホ依存の症状が重症な人のなかには、おむつを交換する時間や授乳中もスマホを操作しているため、子供の表情を気にかけるということをしません。子供とスキンシップをとるべき大切な時間にスマホを操作することで、子供に愛情を伝えるチャンスを自ら捨ててしまっているのです。

 

親のスマホ依存症が及ぼす子供への悪影響

では、上記でお伝えした問題点が子供へどのような悪影響を及ぼすのでしょうか?最近の研究で明らかになってきたことは、親がスマホ依存で子供と関わる時間が減ってしまうことで、子供の対人スキルが大幅に低くなることが指摘されています。

 

親から触れられない、充分な声かけをしてもらえないという環境で育った子供の多くは、泣かない、視線があわない、笑わないというように感情表現の乏しいサイレントベビーになる恐れもあるといわれています。

 

また、親がスマホに向かっている時間が多いあまり家事などを疎かにするようになり、結果、子供がきちんとした食事をとることができないなど、健康面での悪影響がでるケースも少なくないようです。

 

そして、親がスマホ依存の家庭では、子供自身もスマホやタブレット端末を早いうちから使用するようになるケースが多く、子供自身も依存してしまう可能性も懸念されています。

 

親のスマホ依存症を治すためには

「いけないとは思いつつも、なかなかやめることができない」のが、スマホ依存の厄介なところです。では、どのようにして依存を断ち切れば良いのでしょうか。

 

まずは、「自分が抱えているスマホ依存という問題が重大な問題である」ということを理解することが大切です。自分がスマホ依存であることが子供や自分自身にとってどれだけの悪影響を及ぼすかをきちんと理解することが、依存克服の第一歩だとされています。その上で、具体的な対策を考えていくようにしましょう。

 

例えば、思い切ってスマホをガラケーに変えてしまうのも方法のひとつです。どうしてもスマホを使いたくなった場合には、「3回に1回だけにして、残りの2回は我慢」ということを繰り返して、徐々にスマホに触る時間を減らしていくのも効果的でしょう。

 

スマホを通して大勢の友だちとつながることよりも、目の前の我が子とのつながりがなによりも大切であるということをしっかりと理解して、使用頻度を減らす強い決意が必要なのです。

 

子供はあっという間に大きくなってしまうものですが、そのあっという間の時間で親子がいかにしっかりと触れ合い、強い絆を作っていけるかが、その子の成長にとって大切になっていきます。子供の親は自分だけということを忘れず、子供と向き合っていくようにしましょう。