TOPICS

子育てにスマホを利用してもいいの?

2015/09/29


子供がワガママを言ったときに画面に鬼が登場してしかってくれるアプリや、赤ちゃんの好きな音が流れて泣きやませてくれるアプリなど、子育てのさまざまなシーンで使えるアプリが次々と登場しています。24時間子供と向かい合わなくてはいけない親たちにとってはありがたいアプリですが、その一方でこうしたアプリに対して「育児放棄だ」「赤ちゃんに悪影響だ」という否定的な意見も多いです。そこで今回は、子育てにスマホを利用することについて、さまざまな考え方をまとめてみました。

 

賛否両論!子育てにスマホを利用すること

子供が泣くのを止めるためにスマホで動画を見せたり、電車で静かにしてほしいときにスマホで遊ばせたり、子育てのさまざまなシーンで利用できる子育てアプリが人気です。核家族化が進んで、一日の半分以上をひとりで子育てに向き合わなくてはいけない母親にとっては、こうしたアプリを利用したわずかな時間が息抜きの時間となり、ストレスを和らげてくれるケースも珍しくありません。

 

その一方で、こうしたアプリ頼みの育児に対して警鐘を慣らす人たちもいます。子育てアプリを利用することで子供の育ちをゆがめてしまう、親子の関わる時間が減ってしまうという理由からです。子供の性格や子育てをしている環境は人それぞれですから、一概に何が良くて何が悪いのかを決めることはできませんが、子育てアプリの利用が賛否両論を呼んでいるのは事実です。

 

スマホ育児が子供に与える影響とは

スマホを育児に利用することで、子供にはどのような影響があるのでしょうか。全国の小児科医によって設立された一般社団法人「全国小児科医会」は、2013年から「スマホに子守りをさせないで!」というポスターを作成し、注意喚起を始めました。その理由として、グズる赤ちゃんにスマホの画面を見せて泣きやませることは、赤ちゃんの育ちをゆがめる可能性があること、スマホ育児をすることで親子が関わる時間が減ることなどを指摘しています。

 

スマホを幼児の子守役として利用することで、子供の言葉の遅れや情緒の遅れ、視力低下の原因となる可能性もゼロではありません。スマホは、一般的に普及してまだ数年ですから、因果関係を明確に示すだけのものはあまりありませんが、スマホ育児は子供にとって悪影響ではないと断言できないのも事実です。

 

子育てにスマホを上手に使う方法

大切なポイントはひとつです。子供にスマホを与えて放置するのではなく、スマホを子供とのコミュニケーションのツールとして利用するということです。子供にスマホを与えて動画をただひたすら見せ続けるのは問題ですが、子供と一緒に動画を見ながら声かけをすれば、そこに親子の会話や交流が生まれます。音楽を一緒に聴きながら歌を歌ったり、知育アプリを解いている子供を褒めたり励ましたり、スマホと子供の間に親が入ることで、やりとりが一方通行ではなくなるのです。

 

また、夕飯の支度などでどうしても手がはなせないときなど、やむを得ず子供だけでスマホを使わせる場合には、「時計の針が○に来たら終わり」「○○のゲームをひとつやったら終わり」というように約束をさせることも効果的です。グズって子供がもっと使いたがっても約束の時間は守らせましょう。そうすることで、子供は約束を守ることを覚えることができます。

 

子育てのさまざまなシーンでスマホを利用することの善し悪しは、それを管理する親の意識次第で変わってきます。子供を育てているのはあくまでも親自身なのですから、それをしっかりと自覚した上で、スマホに頼りすぎることのない程度にうまくスマホを利用していきましょう。