TOPICS

知らないとマズイ?子供のスマホにできるセキュリティ対策

2015/08/24


突然ですが、子供に持たせているスマホのセキュリティ対策はしっかり行っていますか?スマホにはさまざまな個人情報が詰まっていますが、普段何気なく使用していることもあり、パソコンほどセキュリティ対策がしっかり行われていないことが多いのが現状です。

 

しかし、スマホのセキュリティ対策を怠ると、いつの間にか危険なサイトやアプリにアクセスしてしまい、情報が漏洩してしまうなんてこともあるかもしれません。それがきっかけで、思いもよらないトラブルに巻き込まれたり、場合によっては他人に迷惑がかかったりすることも考えられるでしょう。そのようなことを防ぐためにも、今回はスマホのセキュリティ対策についてご説明します。

 

スマホから情報漏洩した際に起こるトラブル

スマホから情報漏洩した際に想定されるトラブルは、「金銭に関わるもの」と「信用に関わるもの」の2つに大別されるでしょう。

 

前者は、会員サイトへの登録などにより、銀行の口座番号やクレジットカードの番号などが漏洩し、悪用されるケースや、なりすましメールなどによる金銭の不当な請求をされるケースなどが挙げられます。
後者は、アドレス帳の情報が漏洩することにより、友人の携帯番号が悪用されるケースや、アカウント乗っ取りによって自分になりすます人が現れ、他人に金銭を要求するケースなどが挙げられます。

 

いずれにせよ、その原因が子供にあったとしても、「ごめんなさい」では済まされないものばかりです。だからこそ、しっかりスマホのセキュリティ対策を行う必要があるのです。

 

スマホからの情報漏洩の流出経路

スマホからの情報漏洩は、どのようにして起きてしまうのでしょうか。以下で、その流出経路として考えられるものをご紹介します。

 

1.Wi-Fi、Bluetoothによる情報漏洩

Wi-FiやBluetoothなどの無線接続を通じて、スマホから送信されたパスワードや個人情報などを、抜き取られてしまうことがあります。Wi-FiやBluetoothは意識して利用していなくても、設定がONになっていれば自動的に接続されてしまうことがあるため注意が必要です。

 

2.アプリ、ブラウザのアクセス許可による情報漏洩

アプリやブラウザを利用した際にアクセス許可を求めるポップアップが表示された場合、不用意に許可してしまうと、第三者からあなたの個人情報へのアクセスが可能になり、情報を抜き取られてしまうことがあります。

 

3.盗難されたデバイスからの情報漏洩

スマホ自体を落としたりなくしたりした際、万が一悪意のある人に拾われてしまった場合、スマホ内の情報を抜き取られてしまう恐れがあります。

 

子供のスマホにできるセキュリティ対策

子供のスマホからの情報漏洩を防ぐためにできる、セキュリティ対策を以下でご紹介します。

 

1.OSをアップデートする

OSが持つ脆弱性を修正するために、スマホのOSのアップデートを求められることがあります。情報漏洩に直結する脆弱性を修正できることもあるため、新しいOSが出たら、親がアップデートしてあげたほうが良いでしょう。

 

2.スマホにパスワードをかけさせる

スマホ本体にパスワードをかけておけば、万が一スマホの盗難に遭ったり、紛失したりした場合でも、情報漏洩してしまう可能性を減らすことができます。

 

3.提供元不明のアプリをインストールさせない

提供されているアプリの中には、情報を抜き出すために作られた、悪質なものもあります。特に提供元不明のアプリには、こうした危険性が高いため、インストールさせないように注意を促しましょう。

 

4.フリーWi-Fiにはなるべく接続させない

フリーWi-Fiは便利な半面、不特定多数の利用者がいるため、情報を抜き取られる危険性が高くなります。なるべく接続させないように、指導したほうが良いでしょう。

 

5.セキュリティアプリをインストールしておく

パソコンにセキュリティソフトを入れるのと同じように、スマホにもセキュリティアプリを入れておく必要があります。子供が自分でインストールすることは難しいかもしれないため、あらかじめ親がインストールしてあげてから持たせるようにしましょう。

 

パソコンだけでなく、スマホにもセキュリティ対策は必要です。大人が持つスマホはもちろんですが、子供のスマホにもしっかりセキュリティ対策を行い、情報漏洩を防ぐようにしましょう。