TOPICS

メリット・デメリットを把握して正しく向き合う!勉強するときのスマホ利用

2022/11/16


情報技術が発達するに従い、高機能で小型のデバイスで、様々な機能を手軽に利用することができる時代となってきました。しかしそれと同時に、これらのデバイスと子どもとをどのように関わらせるかについては、親や大人は常に頭を悩ませてきました。

この記事では、現代の子どもにとっては「必須」ともいえるスマホと、子どもの勉強との関わり方について解説します。


--------------------------------------------------------------
1.  機械と子どもとの関係は今に始まったものではない

2. 「スマホは勉強に役に立つ」という主張も一理ある?

3. スマホは手元で「あらゆること」ができる

4. 勉強時に利用するならルール策定が効果的

まとめ
--------------------------------------------------------------

1.  機械と子どもとの関係は今に始まったものではない 

現代では、スマホが広く利用されており、スマホを利用する年齢も若年化しています。小学校や幼稚園の子どもにさえ、防犯用や緊急連絡用としてスマホを持たせる親もいます。

一方、子どものうちはやはり様々な形で勉強をしたり、体験をして学びを得ていく大切な時期でもあります。
そのような時期のうちの大半を、スマホとともに過ごさせることに抵抗を感じる親や大人の気持ちも、必ずしも理不尽とはいえないでしょう。

しかし、これはスマホに限った話ではありません。かつてはテレビやラジオがその対象であり、それがやがてポケベルやケータイに移行し、現代では「スマホ」がその対象となっているのです。



2. 「スマホは勉強に役に立つ」という主張も一理ある?

勉強においては、知らない知識を得ることが重要です。特に学校教育の分野においては、教科書で書かれている内容を「覚える」という工程があることも確かでしょう。「知らない知識を調べるツール」として、スマホが役に立つ場面はあります。

現代ではウェブ検索によって、学校教育レベルの知識であれば詳細な解説のページにたどり着くことができるでしょう。しかし、勉強、ひいては学問というのは、ただ「答えがわかればいい」というものではありません。

自分の頭で考え、習得した知識を組み合わせて応用をきかせたりといったステップが存在します。
これらは、「情報」ではなく「経験」です。スマホによる検索で答えを導くという勉強法では、「情報」は得られても「経験」はほとんど得られません。



3. スマホは手元で「あらゆること」ができる

勉強に集中して取り組むうえで、確かにしっかりとした自制心を働かせ、「勉強の間はスマホでは知識の検索のためにしか使わない」という利用方法を貫くことができる子どももいるでしょう。

しかしそうでない子どももいることは明らかです。勉強のための情報検索だけではなく、音楽を聞いたり動画を見たり、ゲームをしたりといったコンテンツへ一瞬でアクセスできるスマホというデバイスは、やはり勉強の妨げになってしまう可能性が高いと言わざるを得ません。



4. 勉強時に利用するならルール策定が効果的

スマホを勉強に活用しつつ、目的外に利用してしまう危険性を排除するには、スマホ利用時のルールを子どもと親との間で話し合い、そのルールを遵守するという運用方法が効果的です。

たとえば、ウェブ検索で答えを検索するのではなく、前提知識・用語の検索に留める、教科書の記述がわかりづらい場合にのみ利用するなどの「スマホを利用するシーン」を予め決めておくことで、目的外の利用を避けられます。

この方法であれば、勉強をするうえで正しくスマホを活用することができ、かつ「一律禁止」にしてしまった場合の反発などもなく、親と子どもの両者が納得ずくで、スマホと勉強に向き合うことができるでしょう。



まとめ

子どもが勉強するときにスマホを利用する、ということには、この記事で解説したようにメリットもデメリットもあります。スマホを正しく活用すれば、教科書以上の知識を得ることができる反面、ひとたび間違った利用方法をすれば、勉強時間の大半をゲームや動画視聴に費やしてしまうなど、スマホはまさに子どもにとって「両刃の剣」です。

子どもに正しくスマホを利用させてあげることで、勉強に活用することができるということは、親が教えてあげるべきスマホの活用術であるといえるでしょう。



▼お子様が上手にスマホを使えるようサポートできるアプリ「スマモリ」

スマモリ機能

▼無料トライアル実施中

無料トライアル!