TOPICS

デジタルタトゥーって?その危険性と恐ろしさとは

2022/11/02


子どもも大人も当たり前のように一人一台持っている便利なスマホですが、使い方を一歩間違えてしまうと自分自身の大切な個人情報を多くの人に公開してしまうことになります。

インターネット上に一度上げてしまった書き込みや写真などは、後から消すことがほぼ不可能といわれています。

今回は、デジタルタトゥーの怖さ対処法について解説していきます。


-------------------------------------------------
目次

1. デジタルタトゥーとは
2. 子どものSNS投稿について
3. デジタルタトゥーの対処法
まとめ

-------------------------------------------------

1. デジタルタトゥーとは

インターネット上に一度書き込んでしまった言葉や内容、写真などは削除しようとしてもほぼ不可能ということを、一度体に入れると消すのが 難しいタトゥーと掛け合わせた言葉です。

デジタルタトゥーの種類は大きく分けて4つあります。
①個人情報
SNSなどに簡単に上げるとこのできる、写真や動画にから個人を特定できてしまうのです。住所や所属している学校が特定されてしまうこと  で、犯罪に巻き込まれてしまう場合があります。

②デマや誹謗中傷
デマや誹謗中傷は最も多いデジタルタトゥーです。ネットで見た情報が正しいかもわからずまま拡散することで、間違った情報の場合にはデマの拡散に加担したことになります。

③リベンジポルノ
自分の意図と反して自分自身の性的画像や動画がネット上にアップされる場合もある。多くは、元交際相手や配偶者との間で撮影されたものとなっている。

④いたずら・悪ふざけ
アルバイト中に撮影した悪ふざけの動画や写真をSNS投稿し、そこから個人が特定されて企業側から賠償請求されるなどの場合もあります。



2. 子どものSNS投稿について
中高生になると、多くの子供がSNSを利用します。自身の子供がデジタルタトゥーの被害者にならないためにも、SNS上での言葉選びや写真や動画の投稿について理解させることが大切です。

また、小さい子どもの場合親がSNSに写真を投稿することがほとんどです。また、自分自身の意思がない子どもの写真や動画を投稿する時は一度、将来見て恥ずかしくないかなどの注意をする必要があります。さらに、親同士で他人の子供が映っている写真についても投稿していいかなど確認することでトラブルに繋がらないようにすることが重要です。



3. デジタルタトゥーの対処法
デジタルタトゥーの被害者にならない為にも、また加害者にならない為にも未然に防ぐことが大切です。

①誰かに見られて困るような投稿はしない
匿名だから言いたい放題いうのではなく、現実で発言できることなのか考えて投稿するべきです。最近では、酷すぎる誹謗中傷に対して開示請求するなど匿名で会っても最終的に個人がわかってしまうのです。

②個人情報がわからないアカウントにする
アカウント名を本名にしないことや個人が特定できる情報を書かないことは特に重要です。どんなに昔に発言した個人情報や写真なども、すぐに検索できてしまう時代です。写真からは様々なことが特定されます。一度考えて投稿しましょう。



まとめ

 デジタルタトゥーの被害にあうと、就活に影響がでたり学校や会社を辞めさせられてしまうこともあります。場合によっては、元通りの生活に戻れなくなってしまう人もいますので、適度な利用に心がけて利用しましょう。

 また、小さい子どもデジタルタトゥーには親の投稿がほとんどです。自分自身のことだと思って思い出の投稿を楽しみましょう。



▼お子様が上手にスマホを使えるようサポートできるアプリ「スマモリ」

スマモリ機能

▼無料トライアル実施中

無料トライアル!