TOPICS

スマホの使いすぎで崩れた生活リズムを直す方法とは?子供の夏休み明け対策に!

2022/09/07


子供にとってたくさんの時間が自由時間となる夏休み。
せっかくの長期休みなので、自由に楽しく過ごしてほしいと考える親御さんも多いでしょう。

しかし、夏休みの間に生活リズムを崩してしまうことも少なくありません。
特にスマホやタブレットによる動画アプリやアプリゲームの深夜の長時間利用などで、就寝時間や起床時間が遅くなってしまうと強い悪影響も生じてしまいます。

本記事では、生活リズムの変化による悪影響を解説した上で、生活リズムを直す方法を紹介します。

--------------------------------------------------------------

目次

1, スマホ・タブレット利用による生活リズム変化の悪影響とは?

2, 生活リズムを直す方法とは?

 2-1, 太陽の光を浴びる

 2-2, 運動をする

3, スマホを使いすぎることの予防

まとめ

--------------------------------------------------------------



1, スマホ・タブレット利用による生活リズム変化の悪影響とは?

 スマホやタブレットには、友達とのコミュニケーションや動画の視聴、またゲームなど多くのコンテンツが揃っています。

 しかし、それらに集中して利用時間が長くなり生活リズムが変化してしまうと、夏休み明けに起床できずに投稿できなかったり、授業中に寝て しまったりすることにつながってしまいます。

 しかも、子供の成長や健康にも悪影響を及ぼしてしまうこともあり、例えば、学力の低下や精神の健全な発育を阻害してしまうことにもつながってしまいます。

 夏休み中に生活リズムを崩さないことがなにより重要ではありますが、もしも夏休みに大きな変化があった場合には早めに対処することが重要です。


2, 生活リズムを直す方法とは?

 それでは、一度崩れてしまった生活リズムはどのように直すことができるのでしょうか。

ポイントを紹介します。


2-1, 太陽の光を浴びる

 生活リズムを整えるには、体内時計が重要です。

この体内時計は、太陽の光を浴びることによって周期のズレが調整されると言われています。
子供の起床時には、外の光を浴びる習慣をつけさせることを意識しましょう。


2-2, 運動をする

 生活リズムを直すには入眠時間を適正にすることが必要です。

そのためには、運動をさせることによって体をほどよく疲れさせることが重要です。
また、運動の他にもバランスの良い食事を毎日一定の時間に摂ることで、正しいリズムの習慣につながります。



3, スマホを使いすぎることの予防

 いくら正しい生活リズムにする努力をしても、夏休み同様のスマホ・タブレットの利用方法では意味がありません。

スマホの利用を削減するには、さまざまな方法がありますがおすすめなのは以下のようなサービスを用いることで、スマホ利用を制限する仕組みをつくることです。

・ペアレンタルコントロールサービス

・アプリの利用時間を制限するアプリ

・子供のスマホ活用状況を確認することのできるアプリ



まとめ

子供にとって夏休みは好きなことのできる楽しい時間が増える一方で、生活リズムが崩れてしまうと心身ともに悪影響を及ぼします。

夏休み明けに、さまざまなアプリ・サービスを用いることで、効果的に生活リズムを改善することが可能です。
お悩みの方は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。



▼お子様が上手にスマホを使えるようサポートできるアプリ「スマモリ」

スマモリ機能

▼無料トライアル実施中

無料トライアル!