TOPICS

子供のスマホを制限するには?さまざまな方法を解説

2022/07/27



子供をもつ親御さんにとって心配なのは、子供がスマホ利用に熱中してしまうこと。

近年は、多くの子供がスマホを所有していたり、親のスマホを使うケースがあります。


しかし、スマホには子供に悪影響を与えてしまうこともあり、心配ですよね。

本記事では、どのような悪影響が考えられるのか解説した上で、子供のスマホ制限方法を解説します。

-----------------------------------------------

目次

1. 子供のスマホ利用における悪影響

2. 子供のスマホ利用を制限する方法とは?

 2-1. スマホ利用のルールを作り、守らせる

 2-2. 通信キャリアのサービスやコンテンツブロックアプリの活用

まとめ

-----------------------------------------------


1. 子供のスマホ利用における悪影響

子供がスマホを使うことで、どのような悪影響が生じるのでしょうか。

大きく挙げられるのは、トラブルと健康被害です。


スマホは正しく活用すれば便利なものですが、一方で高額課金や犯罪、個人情報流出などのトラブルが起こる可能性があります。

たとえば、親御さんのアカウントでアプリ内課金をすることによって知らず識らずのうちに課金額が積み重なっていたり、SNSやインターネットへの簡単なアクセスによって暴力などの有害情報に触れてしまったり、人間関係のトラブルに巻き込まれてしまったりします。


また、スマホ依存症といった社会課題もあります。

視力の低下や睡眠障害など、子供のうちから深刻な健康上のトラブルにさらされてしまう可能性も高まってしまいます。



2. 子供のスマホ利用を制限する方法とは?

それでは、子供のスマホ利用を制限するには、どのような方法が挙げられるのでしょうか。

子供とのコミュニケーションの方法や、機能について解説します。


2-1. スマホ利用のルールを作り、守らせる

まず挙げられるのは、スマホ利用のルール作りです。

例えば、「スマホを使っていいのは1日に◯時間まで」「成績で一定基準の点数取れなかったらスマホの利用禁止」「このサイトを見るのは禁止」といったように、ルールを作ることです。


しかし、子供が親の目をかいくぐってルールを破る可能性も捨てきれません。

そのような場合におすすめなのが、スマホ利用を制限するサービスを使うことです。


2-2. 通信キャリアのサービスやコンテンツブロックアプリの活用

大手通信キャリアを利用している場合は、各社が提供しているペアレンタルコントロールサービスがあります。

このサービスには、スマホやアプリの利用時間を設定できたり、有害なコンテンツへのアクセスを防止する機能が備わっています。

また、各OSやストアでは課金防止の機能もあり、有効活用することで高額課金トラブルを回避することが可能です。


また、アプリを利用する方法もあります。

最近では多くのアプリが提供されており、子供のスマホの利用状況確認や位置情報確認、アプリの時間制限を設定できるものまであります。

これらの活用により、自動的に子供のスマホ活用をコントロールすることが可能になります。


まとめ

スマホは便利なものですが、子供のスマホ活用には心配がつきものです。

子供のスマホ利用を制限するにはルールを決めるのはもちろんのこと、便利なサービスやアプリの活用もぜひ試してみてください。


▼夏休み特別企画実施中!なんと利用料金が1カ月半無料

詳しくはこちら

▼お子様が上手にスマホを使えるようサポートできるアプリ「スマモリ」 

スマモリ機能

▼無料トライアル実施中! 

無料トライアル