TOPICS

子供にスマホをもたせて後悔しないの?後悔の原因と成功のポイントを解説

2022/06/29


近年、スマホを所持している子供たちが少なくありません。

GPS機能で居場所が常に把握できることで防犯につながったり、アプリや動画コンテンツなどで子守につながったりと、多くの有益な活用方法があります。


一方で、スマホによる健康への悪影響やトラブルが生じてしまうなどのデメリットがあることも事実。


本記事では、子供をスマホにもたせて後悔が発生してしまいがちな原因と成功させるためのポイント解説いたします。


-----------------------------------------------

目次

1,子供にスマホをもたせて発生してしまう後悔のポイントとは?

 1-1,お金

 1-2,トラブルや犯罪

2,子供にスマホを持たせて成功する秘訣は?

まとめ

-----------------------------------------------


1,子供にスマホをもたせて発生してしまう後悔のポイントとは?

子供にスマホをもたせたあとに、実際に後悔が発生してしまうのは、実際に被害がでてしまっているときと言っても過言ではありません。

いくつかの後悔のポイントを紹介します。


1-1,お金

大きな後悔のポイントとして挙げられるのは、高額支払いが発生してしまうことです。

YouTubeなどでの投げ銭、ゲームアプリへの課金など、タップするだけで簡単に支払いができてしまいます。

子供の場合、そのお金の価値を理解することせず、承認欲求や応援、またゲームで強くなるために簡単に何度も課金してしまい、

知らず知らずのうちに支払いが発生してしまうケースが少なくありません。


1-2,トラブルや犯罪

ニュースでも取り上げられている通り、SNSなどを通じたトラブルや犯罪に巻き込まれてしまうことがあります。

気軽に多くの人と交流ができる一方で、中には犯罪目的に近づいてくる人もおり、特に子供のときには正常な判断が難しく、

後戻りできないトラブルになることもあります。



2,子供にスマホをもたせて成功させる秘訣は?

このように、取り返しのつかない事態への危険性がある一方で、上手に活用することで多くのメリットを受けることができます。

スマホをもたせて成功させるための秘訣は、子供自身が「スマホの使い方を知る」ことです。


親子のルールだけでスマホを禁止してしまっても、子供はその理由がわからず結果として抜け道を探してスマホを使ってしまうことがあります。

そのため、子供に対してまずはトラブルをはじめとする「怖さ」についてしっかりと理解してもらうとともに、それを回避するためにはどのような点に注意して使っていけばいいのかを教えることが重要です。

子供自身が正しくスマホを使うことで、後悔につながってしまうリスクは大きく下げることができます。



まとめ

小さい年齢のときからスマホを持つことが多くなってきており、今後もその傾向は続くでしょう。

便利な一方、子供がトラブルに巻き込まれてしまい後悔してしまうことは避けたいですよね。


成功のためにしっかりと子供に使い方を理解してもらうことをぜひ気をつけてみてください。

また、フィルタリングサービスをはじめとする子供を守る機能もあるので、適切なサービスも合わせて検討することをおすすめします。