TOPICS

子どもにスマホやSNSを使わせない?親が悩みがちな問題について、悪影響と対処法を解説。

2022/05/11


「スマホやSNSは子どもに悪影響を与えるから、うちでは使わせない」

そう考える親御さんは多いことでしょう。

しかし、本当にそれがトラブル回避の最善策なのでしょうか。

この記事では、スマホやSNSが子どもに与える悪影響と対処法について、詳しく見ていきます。


▼多くの子どもがスマホを利用している

令和2年3月に内閣府が発表した「青少年のインターネット利用環境実態調査」によると、

6歳で約68%、13歳になると95%以上の子どもがインターネットを利用しており、

その際に一番多く使われている端末がスマートフォンであることが分かりました。


またネットの利用内容では、小学生では動画視聴やゲームが高いものの、

中学生になるとコミュニケーションが多くなり、約75%の子どもがネット利用の目的として答えています。

つまり、スマホは子どものコミュニケーションツールとして必須で、

かつSNSやメッセージアプリ等で親や友だちと連絡を取り合うのが当たり前になっているのです。


▼子どものSNS利用は規約で制限されている

ところが、各種SNSでは利用規約によって下記の「年齢制限」が設けられていることをご存知でしょうか。


・LINE(ライン)                           12歳以上(利用推奨年齢)

・Twitter(ツイッター)               13歳以上

・Instagram(インスタグラム)   13歳以上

・Facebook(フェイスブック)     13歳以上


実は、ほどんどのSNSは13歳未満の子どもは使用できません。

そのほか、若者に人気の短編動画サイト「TikTok(ティックトック)」や、

おなじみの「YouTube(ユーチューブ)」も13歳以上の人のみが利用できると規定されています。

これらは、1998年に制定されたアメリカの連邦法「児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)」に基づいて決定されました。


▼スマホやSNSによる子どもへの悪影響

COPPAはまだ社会の仕組みを知らず、物事の善し悪しを判断できない子どもたちの個人情報を保護するために定められた法律でした。

しかし近年では、子どもによるスマホやSNSの利用は、さまざまな悪影響があることも分かってきたのです。


最新の研究では、子どもによるSNSの多用は、

うつや社会的不安の増大などメンタルヘルスの問題を引き起こす可能性があることが指摘されています。


また、夜中にSNSをチェックすることによる不眠症も増加しており、学校で常に疲れている子どもが多い傾向にあります。


さらに女の子には、他人のプロポーションとの比較から、摂食障害になるケースも見受けられます。

SNSは、自意識が高くなる10代の子どもに大きな影響を与えてしまうのです。


SNS依存も深刻です。

情緒不安定な10代は、友だちとSNSでつながることで安心感を得ているが、

返信の遅れや陰口への恐怖から依存に陥ってしまいます。


何より、SNSを見ている間は何もしないため、依存する子どもは他のことが経験できず、時間の機会損失となります。


▼最善の解決策とは?

しかし、悪影響があるからと子どもにスマホを持たせないのが、最善の解決策なのでしょうか。

スマホやSNSは、適切に利用すればさまざまな知識をスピーディに得られるから、ここまで広く普及したのです。

ただ禁止するだけでは、子どもの学習機会を奪ってしまうことになるでしょう。


親がルールで一方的に縛るのではなく、スマホやSNSの正しい利用方法を子どもと一緒に考えていくことが大切です。

また、スクリーンタイムやフィルタリング機能、

そしてスマホ管理アプリなどの見守り機能を活用してネットやSNSを味方に付け、子どもの成長の一助としましょう。


▼機能はこちら

スマモリ機能 


▼ご利用料金はこちら

スマモリご利用料金


▼新規会員登録はこちら

スマモリ新規会員登録