TOPICS

【青少年のスマホの所持率】

2022/03/31



 


春の卒業・進学・入学の時期である今、お子様にスマホを持たせるか検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

参考として、最近2021年時点での小学生のスマホ所有率は53.4%と過半数まで増加しています。(総務省2022年発表分)

また、スマホデビューの時期としては、小学校高学年~中学入学が多いようです。


スマホデビュー時期が年々早まり、2018年には『青少年インターネット環境整備法』という法律も制定され、

18歳以下の子供のスマホにはフィルタリングアプリやサービスを導入することが義務付けられました。

大人が利用する上でもスマホは危険で溢れており、子供に持たせるとなるとさらに慎重になってしまいますよね。

そんな、お子様にスマホ一つ持たせるにも悩みが絶えない親御さんの悩みを一つ解決してくれるのが、「スマモリ」です。


<スマモリの主な機能>

  • 使用時間制限
  • 有害コンテンツ制限
  • 使用状況の確認
  • 位置情報確認


このように、アプリでお子様のスマホ利用の安全性を高めることはもちろんですが、

日頃からお子様とコミュニケーションを取り、スマホの使い方について家族で話し合いながら、

親子一緒に安全なスマホ利用、トラブル防止に取り組むことが重要になってくるでしょう。