使わなくなってしまった古いスマホの活用方法

smamori

2015-09-29 12:47 AM

2019-02-21 12:47 AM

 

 

機種変更や解約によって使わなくなったスマホが、引き出しの奥にしまいっぱなしになっていませんか?高い金額で購入したスマホをそのまま放置するのは、とてももったいない話ですよね。実は、契約が切れてキャリア回線が使えなくなったスマホも、便利な機能をそのまま使うことができます。ここでは、古いスマホの使い道について紹介していきましょう。

 

 

 

古いスマホを再利用して有効活用するメリット

 

まず、古いスマホを活用することで得られるメリットについて見ていきます。

 

 

◇メインスマホの節電になる

 

スマホは、ネット検索したりアプリを使ったりできて非常に便利な反面、電池の消耗が早いのがネックです。新しいスマホにしたからといって、そのスマホで電話、メール、ネット検索など全てのことを済ませようとすると、あっという間に電池がなくなってしまうでしょう。電池を節約するために、古いスマホと役割分担をしてみてはどうでしょうか。
例えば、音楽を聴くときは、電池消費が著しいので古いスマホを音楽プレーヤーとして使う、また、通信機能がなくても使えるようなゲームは、古いスマホで楽しむことでメインスマホの電池の節約になります。

 

 

◇子供用に使える

 

「子供がスマホを欲しいと言っているけれど、利用料金が高いので買い与えるのはまだ早いのでは……」と思っている親御さんもいるのではないでしょうか?

 

もし子供が使いたいのが、キャリア契約がなくても良いゲームやカメラなどの機能なら、古いスマホをそのまま使わせることができます。また、子供用に再契約する場合でも、端末の代金がいらないので、使用料を安くすることができるというメリットもあります。

 

 

 

機種変更して使わなくなってしまったスマホの活用方法

 

機種変更して使わなくなってしまったスマホでも、メールや電話以外の機能はそのまま活用することができます。上で紹介したように、音楽プレーヤーとして使えばメインスマホの節電になるほか、スマホの容量を節約できるので、メインスマホのデータ容量がいっぱいになってしまうのを防ぐこともできるでしょう。

 

また、自宅や外出先でWi-Fiを利用すれば、メインスマホと同じように手軽にネット検索をしたりSNSで投稿をしたりすることができます。さらに、メモ帳やスケジュール帳といった機能も活用することができるので、メインスマホは仕事用、古いスマホのスケジュール帳はプライベート用と分けて使うこともできるでしょう。

 

その上、スマホにはデータが保存できるので、残しておきたい写真やビデオなどの保存に使うこともでき、メインスマホのデータ容量が少ない場合にはバックアップとして使うことも可能です。

 

カメラ機能もそのまま使うことができます。最近のスマホは、デジカメと遜色ない性能を備えており、デジカメの代用として活用しても便利でしょう。そのほか、目覚まし時計の代わりとして寝室においておけば、メインスマホを家に忘れていく心配も少なくなるでしょう。

 

スマホは、メールや電話以外にもさまざまな機能を備えているため、キャリア契約が終了した後も多種多様な用途で使うことができます。メインスマホと上手に使い分けをしたり、Wi-Fiを使って2台目のスマホとして使ったりするのも便利です。機種変更したからといってすぐに捨てたりしまいっぱなしにするのではなく、その機能を有効活用してみましょう。
なお、古いスマホの活用方法が見付からない場合もスマホをゴミとして捨てたりせずに、各キャリアが行っている「下取りサービス」や「無料回収」などを利用して正しくリサイクルしましょう。