子供がSNSサイトで巻きこまれる可能性のある犯罪とは

smamori

2015-08-24 7:11 AM

2019-02-20 7:11 AM

 

子供達の間で、今や当たり前のように使われているインターネット。中でもSNSは、友達と交流を深めるために、若年層の多くが利用しているサービスです。しかし、SNSは親が監視できない閉鎖的空間であると同時に、不特定多数の人と繋がることが可能なため、子供が目の届かないところで犯罪に巻き込まれる危険性が高くあります。ここでは、SNSを通じて巻き込まれるおそれのある犯罪についてご説明していきます。

 

 

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは

 

SNSとはその名の通り、インターネット上で社会的な繋がりを持つことができるサービスのこと。世界中の人々と気軽に繋がることができるのが特徴で、近年は若年層を中心に利用者が増えています。子供たちの間では、学校の友達同士でSNSを使った会話を楽しんだり、共通の趣味を持つ仲間を探したりするために、よく使われているようです。

 

 

子供がSNSを利用して巻き込まれる犯罪について

 

子供がSNSを通じて巻き込まれる犯罪やトラブルには、どのようなものがあるのでしょうか。以下に、具体例を挙げていきます。

 

1.ネットいじめ

SNS上で、悪口を言ったり、仲間はずれにしたりといった、いじめが行われることがあります。閉鎖的な空間のため、親がいじめに気付きにくいということもあり、事態が深刻化しやすい傾向にあるようです。

 

2.プライバシーの侵害

子供がSNS上に自分の個人情報を掲載してしまうことにより、家族のプライバシーが侵害される恐れがあります。また、子供が友人の個人情報を掲載してしまうケースも考えられるでしょう。掲載された情報が第三者に悪用されてしまい、犯罪に巻き込まれることもあるようです。

 

3.悪意のあるなりすまし

友達や知人になりすまし、子供との接触を図ろうとする大人もいます。大人ならなりすましだと見破れるケースでも、子供には判断が付かないこともありますので、注意が必要です。

 

4.誘拐、性的暴行

SNSは実際に面識のない人とも繋がることができるため、仲良くなった相手と連絡を取り合えば、実際に会うことも可能です。その特性を犯罪者が利用して、SNS上で知り合った人に誘拐されたり、性的暴行を受けたりといった犯罪に巻き込まれるケースが増えています。

 

 

子供が被害に遭わないために、親としてするべきこと

 

幼い頃からインターネットに触れるのが当たり前となっている世代だからこそ、SNSの扱い方やインターネットの危険性に関する教育は、子供の頃からしっかり行っておく必要があります。
また、近年はSNSにアップした情報がインターネット上で拡散され、大きな問題に発展する事態が多発しているため、インターネットにアップしたものは拡散されてしまう危険があることも、しっかりと認識させておきましょう。特に注意すべきことを以下にご紹介します。

 

個人情報はSNS上にアップさせない

本名や電話番号、住所など、プライバシーに関わる情報は、SNSにアップさせないことを約束させましょう。また、学校名や年齢を書き込むことで、子供を狙う犯罪者に目を付けられる可能性が高くなります。犯罪に巻き込まれる可能性を減らすためにも、書き込みをさせないよう、しっかりと指導するようにしてください。

 

インターネット上で知り合った人と実際に会わせない

SNSで公開されている情報が、虚偽である可能性はぬぐいきれません。子供と同じ出身地や学校などというプロフィール情報が書き込まれていても、SNSやインターネットで知り合った人とは、実際に会ってはいけないと教育しましょう。

 

SNSは便利なものですが、これらを通した犯罪は少なくありません。特に、子供はSNSの危険性を理解できていないことが多いため、犯罪に巻き込まれやすいでしょう。子供たちを犯罪から守るためにも、SNSがはらむ危険性を、親がしっかりと教育するようにしましょう。

 

 

 

 

ブログトップに戻る