子供のスマホ料金を節約したい!その方法は?

smamori

2019-07-01 12:49 PM

2019-07-02 7:18 AM

月々のスマホ料金が高くて悩んでいませんか?もし家族全員がスマホを所持していたら、毎月何万円もの通信費を払っているという方も少なくありません。できれば通信費は最小限に抑えたいですよね。どうすれば毎月の通信費を安くできるのでしょうか。

 

「格安SIM」 という言葉を聞いたことがあるという方は多いと思います。格安というだけあって、このSIMを使うと、大手キャリア(Softbank、au、NTT docomoなど)より毎月の通信費が安くなります。最近では、Y!mobileやLINEモバイル、UQ-mobileなどをCMでもよく見かけます。これらの通信会社はなぜ大手3社より料金が安いのでしょうか。

 

格安SIMを提供する会社(MVNO)は、独自の通信設備を持たず、大手の通信会社のインフラ・サービスを借りて独自の通信サービスを提供しています。自前で設備を持たず借りているので、安い料金で提供できるわけです。

 

<出典:NIKKEI STYLE>

 

上の図のように、iPhone 7の場合約4万円、iPhone 8の場合、約5万円ほどの月額料金の差が発生します。(2年間の合計コストを基準)4、5万円ですと、中古で端末一つを丸ごと買える場合もあります。さらに家族全員で計算すると、より差額が大きいでしょう。

 

 

<出典:MDDLabo 「2019年スマートフォン料金に関する調査」>

 

 

あるスマートフォン支払料金に関する調査では13歳から59歳の男女563人を対象にスマホの料金を調べた結果、大手キャリアの平均月額料金は8451円でした。その反面、格安SIMの契約者は2753円と約6000円近く差が出ました。また格安SIMの月額料金の約4割が2000円未満だと回答しています。

 

格安SIMを使うと大手キャリアとどのようなサービス面での差が出るのでしょうか。まず、格安SIMは基本的に所謂“2年縛り”のような決められた利用期間がない場合が多いです。つまり大手キャリアのように2年ごとの契約が不要なので、プランや端末を簡単に乗り換えることができます。そして一番大きな差は通信速度です。いくら格安SIMの通信速度に問題がなくても、やはりキャリアの速度には勝てません。先ほども述べたように、大手キャリア通信の一部を借りている仕組みなので、速度は圧倒的にキャリアの方が速いでしょう。その代わり格安SIMには動画サイトやSNSを無制限に利用できるプランもあるので、便利な面もたくさんあります。最後に、格安SIMの場合、高性能なハイエンド端末を同時に契約することが難しい点があります。ハイエンド端末はほぼ大手キャリアから販売されることが多いため、ハイエンド端末を使いたいという方は別の店でSIMとは別に端末を購入して格安SIMに加入する手段になるでしょう。しかし、最近の端末は低価格でも通常の使用には困らないくらい性能が上がっていますので、こだわりがある方以外はハイエンド端末でなくても困らないはずです。

因みにApple shopなど公式ショップでは、全てSIMフリーの状態で販売されているため、端末単体を購入してからSIMを契約することで、料金をかなり抑えることができます。

 

また、総務省がこれまでのようなスマホと通信サービスのセット販売を実質的にやめさせる方向で動いていますので、通信サービスはわかりやすい価格となり、端末は中古を含め選択肢が広がり、どこでも自由に買えるようになっていくと思われます。

 

 

つまり格安SIMはこんな方にオススメです!

 

☑料金を最小限にしたい

☑使わなくなった端末がある(子供用に再利用したい)

☑通話はLINEで十分

 

 

料金が気になるのでしたら、格安SIMに切り替えてみてはいかがでしょうか。乗り換えキャンペーンや、手数料負担などをしてくれることも多いので、よく調べてみましょう。格安SIMならではの動画見放題やSNS使い放題などのサービスをフル活用してみてください!

 

切り替えは面倒ですが、それは最初の1回だけ。コストダウンの効果はずっと続きます。