【ながらスマホ】

smamori

2021-06-10 3:23 AM

2021-06-10 3:23 AM

 

スマホの急速な普及に伴い、「歩きスマホ」による事故も急増しています。

 

駅のホームや横断歩道、大きな交差点、階段などで、ながらスマホが原因の事故が多発しています。その中でも、スマホを見ながら駅のホームを歩いていた人が線路に落ち、電車にひかれて亡くなるという悲惨な事故も頻発しています。

 

2つ以上の動作を同時に行うと、本人の興味や関心がある方に意識や視線が集中し、その他の動作の判断に遅れが生じます。歩きスマホは、「歩く」と「スマホを操作する」という2つの動作を同時に行う、スマホに意識が集中し、周りが見えづらくなり、事故が多発しているのです。具体的には、視界が20分の1になり、普段の歩きよりも約30パーセント速度が遅くなり、そして人が1.5メートルまで近づかなければ認識できなくなるのです。スマホを使用していることによる交通事故の死亡率は、使用していない場合と比べて約2倍となっています。

 

また、歩きスマホをしている人にわざとぶつかってくる「当たり屋」によるトラブルや、ひったくりやチカンなどの被害に遭う事例も報告されています。

 

こんなに危険な「歩きスマホ」を、「自分は大丈夫だろう」などと安易に考えてはいけません。自分だけでなく他人を巻き込む危険性があることを認識し、絶対にやめましょう。

 

スマモリの歩きスマホブロック機能

お子様が歩きながらスマートフォンを操作した場合に警告ウィンドウが表示されるようになります。

 

https://smamori.jp/jp/page?id=1255