【タイムラプス勉強法】

smamori

2021-06-02 8:06 AM

2021-06-02 8:06 AM

 

最近、中高生の勉強に対する集中力を奪っている要因の圧倒的1位はスマホです。

 

勉強していたらLINEの通知が来て、ちょっとだけ見ようと思ってスマホを開き、気が付いたら1時間が過ぎていた。といった経験は誰でもあると思います。

 

しかし、スマホを利用したSNSが、中高生にとっては非常に重要なコミュニケーションツールとなっているため、完全に遮断することは、もはや不可能な状況です。

親からしてみれば、勉強の妨げになっているスマホを一刻も早く取り上げて、勉強に集中させたいところだと思います。

 

ところで、「タイムラプス勉強法」をご存じでしょうか? タイムラプスとは、簡単に言えば「早回し動画」を撮影できる機能のことです。この機能を利用して勉強に役立てることができるのが、「タイムラプス勉強法」です。

 

やり方は簡単で、ただ、自分の勉強風景を自撮りするだけです。これにより、ついついスマホを触ってしまうというリスクはなくなります。常に撮られているので、緊張感があり、後で見た時に、落ち着きがなかったり、途中でお菓子を食べていたりすると、カッコ悪いので、意外と姿勢正しく、勉強だけに集中するようになります。一度始めると、ここで休憩しようかな?と思うタイミングでも、「いや、もうちょいやろう!」と、不思議と心が強くなるのです。

 

集中力を奪って勉強の妨げになっていたスマホでしたが、逆に、スマホによって勉強に集中できるようになり、自分の頑張りが可視化され、達成感を味わえるようになるのです。

 

親は、子どものやることを、何でも頭ごなしに禁止しがちですが、発想を切り替えて、親子で上手に活用できる方法を模索していくことが大切なのではないでしょうか。