スマモリ|スマホモニタリングサービス

標準ブラウザ、Chromeブラウザを起動しようとするとスマモリが起動してしまい使用できない


Aバージョン4.1.1以降のスマモリ(子ども用)アプリでは、スマモリ専用ブラウザ機能が有効となっております。
スマモリ専用ブラウザ機能は、端末にもともと搭載されているブラウザアプリを含め、ブラウザ機能を有するブラウザアプリを起動した場合に強制的にスマモリ専用ブラウザが起動する機能となり、スマモリブラウザを使用することでフィルタリングやモニタリング機能が適用されます。

スマモリ専用ブラウザ機能を使用しない場合は、スマモリ管理ツールアプリ(またはメンバーサイト)にて設定をOFFに変更してご利用下さい。

※スマートフォンにもともと備わっている標準ブラウザ、Chromeブラウザの2つは、上記設定を適用しない場合にもフィルタリング・モニタリングが作動しますが、使い方や設定方法によってはフィルタリング・モニタリングが効かない場合がありますのでご注意下さい。

【スマモリ専用ブラウザの使用可否を変更】
  • 1. 管理ツールアプリを起動します。
  • 2. 「ルールを設定する」をタップします。
  • 3. 設定を変更する子どもの名前を選択します。
  • 4. 「基本設定」をタップします。
  • 5. 「他ブラウザの利用をブロック」の右側にあるスイッチをON(緑)にすると、スマモリ以外のブラウザをタップした場合にスマモリアプリが強制的に起動するようになります。
  • 6. スイッチをOFF(黒)に変更すると、スマモリ以外のブラウザをタップしてもスマモリブラウザは起動しなくなります。

スマモリ専用ブラウザについての案内や使用方法は下記ページをご参考下さい。
新バージョンとの変更点:http://smamori.jp/info_sbrowser
スマモリ専用ブラウザの使い方:http://smamori.jp/howto/setting/block/sbrowser.html
←Q&A一覧へ
pagetop