スマモリ|スマホモニタリングサービス

子供を守るために知りたいスマホ情報

子供のスマホの所有者は誰でしょうか?



子供がスマホを使い始めた時、どんな約束をしましたか?[夜遅くまでスマホをいじらないこと]、[ゲームは一日一時間にすること]のような約束をきっとしたことでしょう。しかし、そのような約束も時間が経つと共にだんだんと意味がなくなってくる様に感じている方も多いと思います。

子供たちはどんどんスマホに慣れていき、ゲームに興味を持ち始めたり、友人とラインをしているうちに夜中でも時間を忘れるようになります。このような状況が続くと子供のスマホ使用のコントロールが難しくなります。さらには子供から、親は自分自身を制御する存在として認識され始め、お互いの関係に距離が出来始めるでしょう。

子供には絶対にスマホを買い与えず、貸すものとしてください。

スマホを所有する子供が多くなり、いつかは自分もスマホを子供に買い与える日が来るでしょう。子供はまだアルバイトをすることができる年齢ではないので、ほとんどは親がスマホを購入したり、自分が使っていたスマホを子供に与えることになるでしょう。その時が来たら、たった一つだけ、これを子供に認識させてはいかがでしょう。

「スマホは、子供の物ではなく、親の物」

子供のスマホは、親が子供に貸してあげたもので、いつでもスマホの回収をすることができ、スマホの使用内容について確認することができることを確実にしておいて下さい。以下に効果的な基本ルールの例を紹介します。

  • いつでも親が要求したときにスマホを返す。
  • スマホの充電は決められた場所で、部屋に持ち込まない。
  • 子供の同意の下に「スマモリ」のような子供スマホ管理アプリをインストールして、親がスマホの利用状況をチェックすることができるようにする。

これらの基本ルールさえしっかり守る事ができれば、スマホによる親子のトラブルは予防することができると思います。無制限のスマホ使用がおよぼす悪影響から私たちの子供を守ることも、健全な社会のために私たちがしなければならない義務ではないでしょうか。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る
 

  リアルタイム子供スマホ制限アプリ「スマモリ」

pagetop