スマモリ|スマホモニタリングサービス

子供を守るために知りたいスマホ情報

子供がスマホを水没させてしまったときの対処法



「あっ!」と思ったときにはスマホがすでに水をかぶっていた……。特に子供がいるご家庭の場合は、子供が飲み物をこぼしたりして、スマホが水没してしまうことがあるかもしれません。そんなときは、まず慌てて行動しないことが大切。間違った対処をすると、データの回復が難しくなってしまうので要注意です。ここでは、スマホを水没させてしまったときにやってはいけないこと、水没させてしまったときの対処法を紹介します。

スマホが水没したときにやってはいけないこと

ここでは、スマホを水没させてしまったときついやってしまいがちだけど、実はやってはいけないNG行動をチェックしましょう。間違った行動をするとデータ復旧が困難になるので、以下の行動は厳禁です。

水分を飛ばすために端末を振る

端末を振ってしまうと、内部の濡れていないところまで水分が移動して濡れてしまう可能性があるので、水分を飛ばそうとして端末を振ることはしないでください。

電源を何度もON/OFFする

スマホが水没した際、電源が入るかどうか確認しがちですが、電源を入れるとショートする可能性があるので、水没した場合は電源を入れないようにしましょう。

ドライヤーで乾かす

水分を早く飛ばそうとして、ドライヤーで乾かそうとすることもおすすめしません。スマホの基盤は熱に弱いので、ドライヤーの熱風で変形してしまう可能性があるからです。また風で水分が移動して、濡れていない部分まで濡れてしまう恐れもあります。

スマホが水没してしまったときの対処法

スマホが水没してしまったときも適切に対処すれば、大切なデータを回復できる可能性が高くなります。大切なデータを失わないためにも、事前に適切な対処方法を知っておきましょう。

電源はOFFにする

水没後の対策として、ショートしないようにすることが重要。これは、上述したように電源が入っているとショートしてしまう可能性があるためです。電源が入ったまま水没した場合は、すぐに電源をOFFにしてください。
なお、電池パックを抜くことができるスマホの場合は、電池パックを抜いておきましょう。

しっかりと乾燥させる

表面に付いた水分は、乾燥したタオルで拭き取ります。その際、本体を振らないように気を付けてください。上述したように、振って端末内の水を出そうとすると、水に濡れていないところまで濡れてしまう恐れがあるので、なるべく動かさないようにすることが重要です。
その後、直射日光の当たらないところで、1~2日程度乾燥させます。しっかりと乾燥させたら、電池パックを戻して電源が入るかどうかを確認するようにしましょう。
ちなみに、ジップロックにスマホとシリカゲル(乾燥剤)を入れて乾燥させる方法もあるようです。必ずしも効果が期待できるわけではありませんが、中にはシリカゲルが水分を吸い取ってくれたケースもあるようです。

スマホの水没対策

最近では、防水機能の付いたスマホが増えていますが、防水対応ではないものもたくさんあります。そのため、スマホを水没させないようにしっかりと対策を心掛けるようにしてください。

例えば、雨が降っているときには、外でスマホを使用しないようにしましょう。特に気を付けたいのが、雨の日にかばんが濡れて、かばんの中に入れていたスマホも水に濡れてしまうことです。かばんに入れているとつい油断しがちですが、大雨のときには水没する可能性があるので要注意です。

また、トイレやお風呂など水がある場所では、スマホを使用しないようにしてください。特に、パンツのポケットにスマホを入れていて、トイレで用を足そうとしたときに、便器の中にスマホが落ちてしまった……というケースが多いので注意するようにしましょう。利用する際には、落下しないようにネックストラップを使用するといった対策をしてください。
そのほか、飲み物をこぼしたときにスマホが水没してしまうケースもあります。特に、子供はグラスを倒しやすいので、万が一飲み物をこぼしても良いように、子供から離れた場所にスマホを置くようにしましょう。

何よりも大切なのは、スマホを水没させないように意識して行動したり、子供からスマホを遠ざけたりすることです。それでも水没させてしまったときには、上述した対処法を試してみてください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る
 

  リアルタイム子供スマホ制限アプリ「スマモリ」

pagetop