↘ 小学生からスマホデビューが増え ↙


小学生のスマホ所有率は53.4% 年々、所有率は上昇

スマホ依存
スマホを長時間使用して
昼夜が逆転してしまった


アプリなどによるトラブル
ネットで検索したら、
必要のないサイトに入ったり


個人情報の流出
SNSに写真を載せたら
住所や名前を特定されてしまった
ネットいじめ
文字の打ち間違いや言い間違いで
いじめの対象に


SNSトラブル 
見ず知らずの人と簡単にコミュニケーシ
ョンが取れてしまうことも


課金トラブル
オンラインゲームで課金し、
高額の請求が届くことも

「スマモリ」1つで家族の安全をしっかり守れる! 

お子様にスマホデビューさせるかお悩みの保護者様

こんな時代だからこそ、スマホのフィルタリングが欠かせないです

ポイント1
豊富な
フィルタリング機能
ポイント2
保護者専用
見守り機能 
ポイント3
スマモリ内で使える
スマモリメッセンジャー 
ポイント4
YouTube動画制限
 スマモリTV 

Android&iOS対応

「スマモリ」1つで家族の安全をしっかり守れる!

お子様にスマホデビューさせるかお悩みの保護者様

こんな時代だからこそ、スマホのフィルタリングが欠かせないです

ポイント1
豊富な
フィルタリング機能


ポイント2
保護者専用
見守り機能 


ポイント3
スマモリ内で使える
スマモリメッセンジャー 


ポイント4
YouTube動画制限
 スマモリTV 
Android&iOS対応

「スマモリ」ならではの豊富な機能

フィルタリング機能


使用時間の制限

平日/土日に使い分けして1時間おきに使用

時間の制限の指定ができます。


決済サイト&アプリ内課金

ショッピングサイトやアプリ内

課金をブロックできます。


サイトアクセスとアプリの制限

不正アプリや有害なサイトを、カテゴリごとに禁止・許可設定することができます。


使用状況レポート(日別/週別)

お子様の利用状況を日別・週別で確認でき、合計使用時間や、使用したアプリ、アクセスしたサイト、インストール履歴などが確認できます。


位置情報確認

リアルタイムでお子様の現在位置

を簡単に確認ができます。


歩きスマホブロッ

お子様が歩行中にスマートフォンを

操作すると、警告画面が表示されます。

動画視聴制限機能


タイマー機能

30分、1時間、3時間ごとに
視聴時間を背減できます


動画視聴履歴の確認

お子様が視聴した動画や

視聴時間を確認できます。


家族間メッセンジャー

スマモリアプリ内のメッセンジャーを使用して、

家族間での会話ができます。


お手軽な料金プランで
「スマモリ」を体験できる 


すべての機能を各プランでご利用できます。

スマモリプラン
290円

🎟 ライセンス1台
ゴールドプラン
490円

🎟 ライセンス3台
チームプラン
990円

🎟ライセンス10台

すべてのプランに、「スマモリTV」も同時にご利用いただけます。


お手軽な料金プランで「スマモリ」を体験できる 


すべての機能を各プランでご利用できます
スマモリプラン 
290円

🎟 
ライセンス1台 
ゴールドプラン
490円(年3,939円)

🎟🎟🎟  
ライセンス3台
チームプラン
990円

🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟   
ライセンス10台

すべてのプランに、「スマモリTV」も同時にご利用いただけます。


「スマモリTV」で子どもが楽しく動画視聴できるように! 

動画視聴制限アプリ「スマモリTV」

お子様が安全にYouTube動画を楽しめるように保護者が視聴時間や視聴コンテンツを管理できるアプリです。

タイマー機能

30分、1時間、3時間の

3つからタイマーをかけることができ、

視聴時間を制限することができます。

動画視聴履歴の確認

お子様が視聴した動画や視聴時間を確認できます。

動画チャンネルブロック

お子様が不適切な動画を視聴していた場合、再び視聴できないようにブロックすることができます。

保護者様用スマモリとの連動

保護者様用スマモリの管理画面から、動画視聴履歴の確認やチャンネルブロックをすることができます。

Topics

【SNSいじめ】

2021/05/19

 

SNSでのコミュニケーションは文字が中心ですが、実は文字でのコミュニケーションはとても難しいのです。直接会って言葉で伝える場合は、表情や声のトーンなどで気持ちが伝わります。しかし、SNSの文字だけでは、相手の顔や表情が見えないため、自分の気持ちが伝わりにくく、誤解やすれ違いが生まれてトラブルに発展することがあります。また、SNSは簡単にグループから外すことができるため、いじめがエスカレートしやすいのです。

 

誤解を生じにくくするためには、5W1Hを意識することが大切です。5W1H とは、When「いつ」、Where「どこで」、Who「だれが」、What「なにを」、Why「なぜ」、How「どのように」、のことです。特に、主語(だれが)が抜けていると、誰のことを言っているのか分からず、読んでいてイライラしたり、誤解したりしやすいので注意しましょう。会って話しているのと同じ感覚でSNSを利用してはいけないのです。

 

SNSでコメントを送る側は、受け取った相手がどんな気持ちになるのか、正しく意図が伝わるのかを考え、打ってすぐに送るのではなく、一度読み返して、文字の打ち間違いや言い間違いがないかを確認してから送るようにしましょう。

 

また、メッセージを受け取る側は、相手がどんな気持ちで送ってきたのかを考えて、言っていることがよくわからないときは、そのままにしないで、その都度、直接聞いて確認しましょう。勝手に想像して話を続けるのは、さらに大きな誤解を生む可能性がありますので、絶対にやめましょう。

 

子どもがSNSをはじめるときは、保護者と一緒に始めることをお勧めします。友だちに送るときも保護者が確認してから送ると安心です。

保護者が子どものそばで、SNSを正しく安全に使えるよう教えてあげましょう。

豊富なフィルタリング機能で家族の安全を守ります。

スマモリのダウンロードはこちらから! 

スマモリはお子様用アプリと保護者用アプリがあります。