↘ 小学生からスマホデビューが増え ↙

小学生のスマホ所有率は53.4% 年々、所有率は上昇

スマホ依存
スマホを長時間使用して
昼夜が逆転してしまった


アプリなどによるトラブル
ネットで検索したら、
必要のないサイトに入ったり


個人情報の流出
SNSに写真を載せたら
住所や名前を特定されてしまった
ネットいじめ
文字の打ち間違いや言い間違いで
いじめの対象に


SNSトラブル 
見ず知らずの人と簡単にコミュニケーシ
ョンが取れてしまうことも


課金トラブル
オンラインゲームで課金し、
高額の請求が届くことも

「スマモリ」1つで家族の安全をしっかり守れる! 

お子様にスマホデビューさせるかお悩みの保護者様
こんな時代だからこそ、スマホのフィルタリングが欠かせないです

ポイント1
豊富な
フィルタリング機能
ポイント2
保護者専用
見守り機能 
ポイント3
スマモリ内で使える
スマモリメッセンジャー
 
ポイント4
YouTube動画制限
 スマモリTV 

Android&iOS対応

「スマモリ」1つで家族の安全をしっかり守れる!

お子様にスマホデビューさせるかお悩みの保護者様

こんな時代だからこそ、スマホのフィルタリングが欠かせないです

ポイント1
豊富な
フィルタリング機能


ポイント2
保護者専用
見守り機能 


ポイント3
スマモリ内で使える
スマモリメッセンジャー 


ポイント4
YouTube動画制限
 スマモリTV 
Android&iOS対応

「スマモリ」ならではの豊富な機能

フィルタリング機能


使用時間の制限

平日/土日に使い分けして1時間おきに使用時間の制限の指定ができます。


決済サイト&アプリ内課金

ショッピングサイトやアプリ内

課金をブロックできます。


サイトアクセスとアプリの制限

不正アプリや有害なサイトを、カテゴリごとに禁止・許可設定することができます。


使用状況レポート(日別/週別)

お子様の利用状況を日別・週別で確認でき、合計使用時間や、使用したアプリ、アクセスしたサイト、インストール履歴などが確認できます。


位置情報確認

リアルタイムでお子様の現在地を簡単

に確認することができます。


歩きスマホブロック

お子様が歩行中にスマートフォンを

操作すると、警告画面が表示されます。

動画視聴制限機能


タイマー機能

30分、1時間、3時間ごとに
視聴時間を制限することができます。


動画視聴履歴の確認

お子様が視聴した動画や視聴した時間を
確認することができます。


家族間メッセンジャー

スマモリアプリ内のメッセンジャーを使用して、家族間での会話ができます。


お手軽な料金プランで
「スマモリ」を体験できる 


すべての機能を各プランでご利用できます。

スマモリプラン
290円

🎟 ライセンス1台
ゴールドプラン
490円

🎟 ライセンス3台
チームプラン
990円

🎟ライセンス10台

すべてのプランに、「スマモリTV」も同時にご利用いただけます。


お手軽な料金プランで「スマモリ」を体験できる 


すべての機能を各プランでご利用できます
スマモリプラン 
290円

🎟 
ライセンス1台 
ゴールドプラン
490円(年3,939円)

🎟🎟🎟  
ライセンス3台
チームプラン
990円

🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟   
ライセンス10台

すべてのプランに、「スマモリTV」も同時にご利用いただけます。


「スマモリTV」で子どもが楽しく動画視聴できるように! 

動画視聴制限アプリ「スマモリTV」

お子様が安全にYouTube動画を楽しめるように保護者が視聴時間や視聴コンテンツを管理できるアプリです。

タイマー機能

30分、1時間、3時間の

3つからタイマーをかけることができ、

視聴時間を制限することができます。

 動画視聴履歴の確認

お子様が視聴した動画や視聴した時間
を確認することができます。

 動画チャンネルのブロック

お子様が不適切な動画を視聴していた場合、再び視聴できないようにブロックすることができます。

保護者様用スマモリとの連動

保護者様用スマモリの管理画面から、動画視聴履歴の確認やチャンネルブロックをすることができます。

グループ追加機能

さまざまな動画チャンネルを集めたグループの追加が可能。 お子様の成長段階に合わせたグループの選択が可能です。

TOPICS

校内暴力(いじめ)が起きたら?親がしてあげられること

2023/06/28


校内暴力(いじめ)の問題は、およそ学校というものがあった頃から存在しているでしょう。学校がなくても、それに近い集団生活を送る場では、必ずといってよいほど「いじめ」の問題は生じます。


しかしもちろん「どこででもいじめは起こりうる」からといって、何も対策や対処をしなくてよいというわけではありません。


この記事では、校内暴力(いじめ)の形や、それに親がどのように関わってあげられるか。そして、自分の子どもが被害者、加害者になってしまうケースについて解説します。


1.話題を集めた日本テレビ系ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』が伝えていること

日本テレビ系ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』は、過去に自殺によってクラスメイトを失っていた3年A組の担任教師で、菅田将暉氏が演じる「柊一颯」が、「最後の授業」として過去のいじめの真相に迫っていく様子が注目を集めました。


このドラマは、いじめによって自殺してしまったかつてのクラスメイト「景山澪奈」に対するいじめの描写や、知らず知らずのうちいじめに加担してしまうクラスメイトの様子、そして明確な悪意というわけでもないのにいじめられている生徒から距離を置くことで間接的に加害者となってしまう様子が描かれていました。


また、SNSや動画撮影といった「現代的ないじめの様相」が描かれたことも注目を集めた要素のひとつです。


2.子どもが被害者となってしまったときは?

ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』で描かれたように、現代のいじめはスマホやSNSという要素が非常に大きな役割を占めています。


こうした形でのいじめは、かつての直接的な暴力や盗難といった、「周囲の目から見て明らか」な形ではなく、当事者たちにだけ見える、世代が異なるといじめなど発生していないように見えるという特徴があります。そして、親世代にとっては、「ネットの中のことでしょ?」「SNSなんて気にしなければいいじゃない」と感じてしまうこともあるかもしれません。


しかし、生まれたときからデジタルに触れている子どもにとって、ネット上・SNSの中でのいじめというのは、現実でのいじめと同様に強い影響を与え、トラウマや対人恐怖に繋がってしまうということを、まずは親世代がきちんと理解する必要があります。


その上で、SNS上でのいじめやネット上でのいじめが子どもをどれだけ傷つけているのかということに共感し、突き放さずに寄り添ってあげる必要があります。場合によっては、子どもとネットやSNSとの距離を一時的に確保させる、いわゆる「デジタルデトックス」や「ネット断ち」などの対応が有効となる場合もあります。


3.子どもが加害者となる可能性もある

同ドラマでも描かれたように、SNSでのいじめは、従来のいじめと比較して、きわめて「加害者になりやすい」という特徴があります。


匿名で利用できるSNSという環境は、顔を見て言えないような罵詈雑言を投稿することや、無関係な第三者を装って誹謗中傷をするということもできてしまいます。つまり、親がまったく知らないままに、自分の子どもが加害者となっているケースもあるということです。


また、子どもの友達が被害者となっている際に、「怖いから避けてしまう」「関係を続けていると自分もターゲットとなってしまうかもしれないから関係を断つ」という決断をしてしまうこともあります。


しかし、子どもがこのような決断をすることが、結果的に子ども自身のトラウマとなってしまうこともあります。自分の子どもが直接いじめられているわけではないからと、親自身が関わりを避ける姿勢こそが、子どもに対してこのような行動を取らせてしまう遠因となっていることにも目を向けなければなりません。


4.表面から見えづらくなったからこそ、親の積極的な関わりが重要

いじめと言う問題は最近生じたものではありません。ただし、現代のいじめは先に解説したように、スマートフォンやネット越しで行われるという特徴から、親がより介入しにくくなった側面があることは事実でしょう。


そのような時代であるからこそ、親は子どもの倫理観や道徳観を育てる教育、関わりが非常に重要となります。便利な道具であるスマートフォンやネット、SNSというテクノロジーを、どのように日々の生活や人生に活かしていくのかということは、人生経験が豊富な親世代のほうが子どもに伝えられることも多くあります。


また、「一見何をやっているのかわからない」状態になってしまう子どものスマートフォン利用に対しても、できる限り声掛けをして積極的に介入していく姿勢が望まれます。SNSの画面や、撮影した動画・画像などの様子を見る機会があれば、それらを注意深く見ることも有効です。


ただし、子どもに黙ってスマートフォン内部のデータを見るなどの行為は、子どものプライバシーへの侵害となるほか、子どもとの信頼関係の崩壊につながる可能性があることには留意が必要です。


まとめ

現代のいじめは、昔とはその態様が大きく変わってきています。動画や写真を撮影することがより一般的で手軽になった現代だからこそのいじめの方法というものも生まれてきていることを、親世代はしっかりと認識しておくとよいでしょう。


「写真を撮られた」と子どもが口にしたときに、それがどのような意味を持つのか、子どもはそのことをどのように捉えているのかということについてまで考えを至らせる繊細な寄り添いが、現代社会での親世代に望まれる「いじめ」への向き合い方なのです。




▼お子様が上手にスマホを使えるようサポートできるアプリ「スマモリ」

スマモリ機能

▼無料トライアル実施中

無料トライアル!


豊富なフィルタリング機能で家族の安全を守ります。

スマモリのダウンロードはこちらから! 

スマモリはお子様用アプリと保護者用アプリがあります。