↘ 小学生からスマホデビューが増え ↙


小学生のスマホ所有率は53.4% 年々、所有率は上昇

スマホ依存
スマホを長時間使用して
昼夜が逆転してしまった


アプリなどによるトラブル
ネットで検索したら、
必要のないサイトに入ったり


個人情報の流出
SNSに写真を載せたら
住所や名前を特定されてしまった
ネットいじめ
文字の打ち間違いや言い間違いで
いじめの対象に


SNSトラブル 
見ず知らずの人と簡単にコミュニケーシ
ョンが取れてしまうことも


課金トラブル
オンラインゲームで課金し、
高額の請求が届くことも

「スマモリ」1つで家族の安全をしっかり守れる! 

お子様にスマホデビューさせるかお悩みの保護者様

こんな時代だからこそ、スマホのフィルタリングが欠かせないです

ポイント1
豊富な
フィルタリング機能
ポイント2
保護者専用
見守り機能 
ポイント3
スマモリ内で使える
スマモリメッセンジャー 
ポイント4
YouTube動画制限
 スマモリTV 

Android&iOS対応

「スマモリ」1つで家族の安全をしっかり守れる!

お子様にスマホデビューさせるかお悩みの保護者様

こんな時代だからこそ、スマホのフィルタリングが欠かせないです

ポイント1
豊富な
フィルタリング機能


ポイント2
保護者専用
見守り機能 


ポイント3
スマモリ内で使える
スマモリメッセンジャー 


ポイント4
YouTube動画制限
 スマモリTV 
Android&iOS対応

「スマモリ」ならではの豊富な機能

フィルタリング機能


使用時間の制限

平日/土日に使い分けして1時間おきに使用

時間の制限の指定ができます。


決済サイト&アプリ内課金

ショッピングサイトやアプリ内

課金をブロックできます。


サイトアクセスとアプリの制限

不正アプリや有害なサイトを、カテゴリごとに禁止・許可設定することができます。


使用状況レポート(日別/週別)

お子様の利用状況を日別・週別で確認でき、合計使用時間や、使用したアプリ、アクセスしたサイト、インストール履歴などが確認できます。


位置情報確認

リアルタイムでお子様の現在地を簡単

に確認することができます。


歩きスマホブロック

お子様が歩行中にスマートフォンを

操作すると、警告画面が表示されます。

動画視聴制限機能


タイマー機能

30分、1時間、3時間ごとに
視聴時間を制限することができます。


動画視聴履歴の確認

お子様が視聴した動画や視聴した時間を
確認することができます。


家族間メッセンジャー

スマモリアプリ内のメッセンジャーを使用して、

家族間での会話ができます。


お手軽な料金プランで
「スマモリ」を体験できる 


すべての機能を各プランでご利用できます。

スマモリプラン
290円

🎟 ライセンス1台
ゴールドプラン
490円

🎟 ライセンス3台
チームプラン
990円

🎟ライセンス10台

すべてのプランに、「スマモリTV」も同時にご利用いただけます。


お手軽な料金プランで「スマモリ」を体験できる 


すべての機能を各プランでご利用できます
スマモリプラン 
290円

🎟 
ライセンス1台 
ゴールドプラン
490円(年3,939円)

🎟🎟🎟  
ライセンス3台
チームプラン
990円

🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟   
ライセンス10台

すべてのプランに、「スマモリTV」も同時にご利用いただけます。


「スマモリTV」で子どもが楽しく動画視聴できるように! 

動画視聴制限アプリ「スマモリTV」

お子様が安全にYouTube動画を楽しめるように保護者が視聴時間や視聴コンテンツを管理できるアプリです。

タイマー機能

30分、1時間、3時間の

3つからタイマーをかけることができ、

視聴時間を制限することができます。

 動画視聴履歴の確認

お子様が視聴した動画や視聴した時間
を確認することができます。

 動画チャンネルのブロック

お子様が不適切な動画を視聴していた場合、再び視聴できないようにブロックすることができます。

保護者様用スマモリとの連動

保護者様用スマモリの管理画面から、動画視聴履歴の確認やチャンネルブロックをすることができます。

Topics

デジタルスクリーン症候群とは?子どもの心身への悪影響を回避する方法も解説

2022/10/05



デジタルスクリーン症候群をご存知ですか?

デジタルスクリーン症候群とは近年問題になっている心身への影響のことで、特に子どもへの悪影響が指摘されています。
子どもをもつ親御さんにとっては大きな不安のひとつでしょう。


本記事では、デジタルスクリーン症候群の概要と対策について解説します。


----------------------------------------------------------------------

目次

1, デジタルスクリーン症候群とは?

2, デジタルスクリーン症候群による症状

 2-1, 身体への影響

 2-2, 心への影響

3, デジタルスクリーン症候群を回避する方法

 3-1, ルール作り

 3-2, スクリーンタイムの利用

 3-3, 外部アプリを利用する

まとめ

----------------------------------------------------------------------


1, デジタルスクリーン症候群とは?

デジタルスクリーン症候群とは、パソコンやスマホ、タブレットなどのディスプレイに長時間接することで、心身へ影響を生じてしまうことをさします。

米国の精神科医であるビクトリア・ダンクリー氏が主張しており、デジタルは刺激であることから、デジタルスクリーンに接することで神経の調節不全を起こすと説明しています。



2, デジタルスクリーン症候群による症状

それでは、デジタルスクリーン症候群によってどのような悪影響が子どもにでてしまうのでしょうか。
身体、心、それぞれへの影響は以下のとおりです。


2-1, 身体への影響

・目の疲れや痛み

・視界のぼやけや視力低下

・肩こり

・背中の痛み

・学力やIQの低下 など


2-2, 心への影響

・集中力の低下

・コミュニケーション能力の低下

・突然キレてしまうなどの感情の制御能力の低下

・発達障害のリスク増加

・不安障害やうつ病の発症 など



3, デジタルスクリーン症候群を回避する方法

上述の通り、デジタルスクリーン症候群は多くの被害をもたらす可能性があります。では、子どもがこのような危険にさらされないためにはどのような方法があるのでしょうか。

ダンクリー氏は「解決方法はスクリーン断ちで画面からの刺激を除去することに尽きる」と主張しており、まずは子どものデジタル機器の活用をコントロールすることが重要になります。

子どものスマホやタブレットなどの使いすぎを予防する主な方法を紹介します。


3-1, ルール作り

「スマホやタブレットは1日に◯時間までしか使ってはダメ」のように、使用時間についてのルールを作り、子どもの使用時間を制限することで予防が可能です。

しかし、子どもがルールを破る可能性もあるので、以下のような機能やサービスを使うことでより確実にコントロールすることができます。


3-2, スクリーンタイムの利用

使用しているスマホの種類によっては、スマホ自体の使用時間を設定することのできる機能があります。

また、アプリごとの使用時間を決めることができるので、有効活用をすることで重要なアプリの活用はそのままにして、全体的な時間制限をかけることが可能です。


3-3, 外部アプリを利用する

外部アプリの中には、端末の利用時間制限を曜日や時間帯、アプリなどごとにかけられるものがあるので、子どもの利用制限を細かく設定することが可能です。



まとめ

デジタルスクリーン症候群は、心身ともに悪影響を与えてしまう心配な症状です。しかし、原因は「デジタル機器との接触」と明白です。

子どもとの約束や制限サービスなどの活用で、ぜひ子どもが発症するリスクを低減させましょう。



▼お子様が上手にスマホを使えるようサポートできるアプリ「スマモリ」

スマモリ機能

▼無料トライアル実施中

無料トライアル!


豊富なフィルタリング機能で家族の安全を守ります。

スマモリのダウンロードはこちらから! 

スマモリはお子様用アプリと保護者用アプリがあります。