↘ 小学生からスマホデビューが増え ↙

小学生のスマホ所有率は53.4% 年々、所有率は上昇

スマホ依存
スマホを長時間使用して
昼夜が逆転してしまった


アプリなどによるトラブル
ネットで検索したら、
必要のないサイトに入ったり


個人情報の流出
SNSに写真を載せたら
住所や名前を特定されてしまった
ネットいじめ
文字の打ち間違いや言い間違いで
いじめの対象に


SNSトラブル 
見ず知らずの人と簡単にコミュニケーシ
ョンが取れてしまうことも


課金トラブル
オンラインゲームで課金し、
高額の請求が届くことも

「スマモリ」1つで家族の安全をしっかり守れる! 

お子様にスマホデビューさせるかお悩みの保護者様
こんな時代だからこそ、スマホのフィルタリングが欠かせないです

ポイント1
豊富な
フィルタリング機能
ポイント2
保護者専用
見守り機能 
ポイント3
スマモリ内で使える
スマモリメッセンジャー
 
ポイント4
YouTube動画制限
 スマモリTV 

Android&iOS対応

「スマモリ」1つで家族の安全をしっかり守れる!

お子様にスマホデビューさせるかお悩みの保護者様

こんな時代だからこそ、スマホのフィルタリングが欠かせないです

ポイント1
豊富な
フィルタリング機能


ポイント2
保護者専用
見守り機能 


ポイント3
スマモリ内で使える
スマモリメッセンジャー 


ポイント4
YouTube動画制限
 スマモリTV 
Android&iOS対応

「スマモリ」ならではの豊富な機能

フィルタリング機能


使用時間の制限

平日/土日に使い分けして1時間おきに使用時間の制限の指定ができます。


決済サイト&アプリ内課金

ショッピングサイトやアプリ内

課金をブロックできます。


サイトアクセスとアプリの制限

不正アプリや有害なサイトを、カテゴリごとに禁止・許可設定することができます。


使用状況レポート(日別/週別)

お子様の利用状況を日別・週別で確認でき、合計使用時間や、使用したアプリ、アクセスしたサイト、インストール履歴などが確認できます。


位置情報確認

リアルタイムでお子様の現在地を簡単

に確認することができます。


歩きスマホブロック

お子様が歩行中にスマートフォンを

操作すると、警告画面が表示されます。

動画視聴制限機能


タイマー機能

30分、1時間、3時間ごとに
視聴時間を制限することができます。


動画視聴履歴の確認

お子様が視聴した動画や視聴した時間を
確認することができます。


家族間メッセンジャー

スマモリアプリ内のメッセンジャーを使用して、家族間での会話ができます。


お手軽な料金プランで
「スマモリ」を体験できる 


すべての機能を各プランでご利用できます。

スマモリプラン
290円

🎟 ライセンス1台
ゴールドプラン
490円

🎟 ライセンス3台
チームプラン
990円

🎟ライセンス10台

すべてのプランに、「スマモリTV」も同時にご利用いただけます。


お手軽な料金プランで「スマモリ」を体験できる 


すべての機能を各プランでご利用できます
スマモリプラン 
290円

🎟 
ライセンス1台 
ゴールドプラン
490円(年3,939円)

🎟🎟🎟  
ライセンス3台
チームプラン
990円

🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟   
ライセンス10台

すべてのプランに、「スマモリTV」も同時にご利用いただけます。


「スマモリTV」で子どもが楽しく動画視聴できるように! 

動画視聴制限アプリ「スマモリTV」

お子様が安全にYouTube動画を楽しめるように保護者が視聴時間や視聴コンテンツを管理できるアプリです。

タイマー機能

30分、1時間、3時間の

3つからタイマーをかけることができ、

視聴時間を制限することができます。

 動画視聴履歴の確認

お子様が視聴した動画や視聴した時間
を確認することができます。

 動画チャンネルのブロック

お子様が不適切な動画を視聴していた場合、再び視聴できないようにブロックすることができます。

保護者様用スマモリとの連動

保護者様用スマモリの管理画面から、動画視聴履歴の確認やチャンネルブロックをすることができます。

グループ追加機能

さまざまな動画チャンネルを集めたグループの追加が可能。 お子様の成長段階に合わせたグループの選択が可能です。

TOPICS

様々な「頭のよさ」の基準、「IQ」と「PQ」の違いとは?

2024/03/25


「頭が良い」と判断する基準には様々なものがあります。


たとえば、単純に様々な分野の知識を持っている「知識量」をもって判断する場合もあれば、子どものうちはなにより学業の成績が重要であるという「偏差値」を重視する場合もあるでしょう。


また、すでに存在する知識を活用して未知の問題を解決する能力である「地頭力」や、その人の判断力・知性などを中心に判断する「知能指数」を挙げる人もいます。そうした文脈の中で「IQ」という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。


この記事では、「頭のよさ」を判断するための様々な基準のパターンと、その中での「IQ/PQ」の違いなどにも着目して解説します。


1. 実は誤解している人も多い「IQ(知能指数)」

人の頭のよさを判断する際に「IQ」という指数を用いることがあるという点は、多くの人が知っているでしょう。


一般にIQが高いほど頭がよく、反対に低い場合には頭が悪い、と理解されます。しかし、この理解は間違いではありませんが、必ずしも正確ではありません。


IQとは、知能検査の結果を表す指数であり、一般的には「生活年齢と精神(知能)年齢の比」または、「同年齢の集団の中での位置づけ」を表します。前者は「精神年齢÷生活年齢×100」という計算式で表され、100に近いほど人数が多い、つまり平均的であるといえます。後者の場合は、いわゆる「偏差値」と同様に、平均値と標準偏差によって表されます。


つまり、同年齢の人々の標準に合わせた相対的な評価となるわけです。


2. IQを測定するための知能検査ではどのような検査をするのか?

実際のところ、IQを測定するための知能検査でどのような検査が行われるのでしょうか。検査には「物事の理解」「知識」「課題解決力」などの認知能力を測定するための心理検査を行います。


より詳しく解説すると、「言語理解指標(VCI)」「知的推理指標(PRI)」「ワーキングメモリ指標(WMI)」「処理速度指標(PSI)」の4つの指標得点を算出し、それらの合計得点から知的発達・認知能力を測定するという方法が一般的です。この検査方法は、「ウェクスラー式知能検査」と呼ばれ、幼児から児童、成人と3つの区分に分けられています。


3. IQ以外の要素も注目されてきている

近年では、IQとは別のアプローチも重視されてきています。人間の知性とは、先に挙げたような要素だけではなく、そこに「情動」が含まれるべきとする考え方です。


この「情動」とは、「自己認識力」や「動機づけ」「共感能力」などの5つの能力から構成されており、こうした情動に関する能力も人間の知性の一部であると考えられるようになってきたのです。この情動に関する能力を加えた指数が、「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」、つまり「情動指数」と呼ばれています。情動指数の高さは、「人格的知性」とも呼ばれます。


4. 情動と自我を総合した「PQ(前頭知性)」とIQの違い

IQに情動を加えたEQという指数が注目される中、さらに「PQ」という考え方も加えられてきています。


PQとは「前頭知性」と呼ばれており、脳の「前頭連合野」の活動、つまり、「自我」に関わる部分にもスポットライトを当てた考え方です。


PQは、IQやEQに加えて、自己の感情を適切にコントロールしたり、社会生活・人間関係を営み、はぐくむための知性を表すといえます。


5. なぜIQ・PQという違いが生まれたのか?

脳の「知性」という言葉だけをとらえれば、確かに課題解決力や処理速度、知識量などを測れば充分と感じる人もいるかもしれません。しかしながら、人間は社会的な動物であり、他者との関わりを必要としながら生きています。それは例えば、家庭であれ、学校であれ、友人同士のコミュニティであれ同様でしょう。


そして大人になれば、職場での関係においても同様であるといえます。こうしたことから考えると、知識量や処理能力は脳の知性の一部分ではあるものの、それだけで人間の知性と評価するには足りない、とされるのが理にかなっています。


6. 注目される「子どものPQ教育」

子どもに対する教育の中にも、PQの概念は浸透しつつあります。


幼稚園や保育園などの施設でもPQ教育を取り入れる施設が現れており、たとえば老人ホームへの慰問、地域との交流など社会関係・人間関係や社会ルールを学ぶ機会を作ったり、絵本の「感想」を子どもから発信させることによる情動の把握と、その言語化という訓練を取り入れている施設もあります。


IQと同様に、教育の効果の現れ方は子どもにより異なる部分があることは否めませんが、将来的に社会の中で生活していくことになる子どもに対して、小さい頃からPQの教育を施すことは、子ども自身にとってよい効果を生むことが期待できるでしょう。


7. まとめ

IQやEQ、PQという言葉は、言葉としては聞いたことがあっても、実際にはどのような検査方法によって測定されるのか、そして測定された数値にはどのような意味があるのかといったことがわかりづらい部分もあります。


IQやPQは、いわゆるテストのような「成績」ではありません。


しかし、だからといってまったく無意味なものというわけでもないでしょう。


従来から重視されてきた知識や処理能力といったIQに加え、社会的なスキル・共感性などの分野となるPQについても、意識して訓練していくことは、子どものその後の人生にとって大きなプラスとなることでしょう。



▼スマモリについてはこちら

料金プラン  無料トライアル



豊富なフィルタリング機能で家族の安全を守ります。

スマモリのダウンロードはこちらから! 

スマモリはお子様用アプリと保護者用アプリがあります。