↘ 小学生からスマホデビューが増え ↙


小学生のスマホ所有率は53.4% 年々、所有率は上昇

スマホ依存
スマホを長時間使用して
昼夜が逆転してしまった


アプリなどによるトラブル
ネットで検索したら、
必要のないサイトに入ったり


個人情報の流出
SNSに写真を載せたら
住所や名前を特定されてしまった
ネットいじめ
文字の打ち間違いや言い間違いで
いじめの対象に


SNSトラブル 
見ず知らずの人と簡単にコミュニケーシ
ョンが取れてしまうことも


課金トラブル
オンラインゲームで課金し、
高額の請求が届くことも

「スマモリ」1つで家族の安全をしっかり守れる! 

お子様にスマホデビューさせるかお悩みの保護者様

こんな時代だからこそ、スマホのフィルタリングが欠かせないです

ポイント1
豊富な
フィルタリング機能
ポイント2
保護者専用
見守り機能 
ポイント3
スマモリ内で使える
スマモリメッセンジャー 
ポイント4
YouTube動画制限
 スマモリTV 

Android&iOS対応

「スマモリ」1つで家族の安全をしっかり守れる!

お子様にスマホデビューさせるかお悩みの保護者様

こんな時代だからこそ、スマホのフィルタリングが欠かせないです

ポイント1
豊富な
フィルタリング機能


ポイント2
保護者専用
見守り機能 


ポイント3
スマモリ内で使える
スマモリメッセンジャー 


ポイント4
YouTube動画制限
 スマモリTV 
Android&iOS対応

「スマモリ」ならではの豊富な機能

フィルタリング機能


使用時間の制限

平日/土日に使い分けして1時間おきに使用

時間の制限の指定ができます。


決済サイト&アプリ内課金

ショッピングサイトやアプリ内

課金をブロックできます。


サイトアクセスとアプリの制限

不正アプリや有害なサイトを、カテゴリごとに禁止・許可設定することができます。


使用状況レポート(日別/週別)

お子様の利用状況を日別・週別で確認でき、合計使用時間や、使用したアプリ、アクセスしたサイト、インストール履歴などが確認できます。


位置情報確認

リアルタイムでお子様の現在地を簡単

に確認することができます。


歩きスマホブロック

お子様が歩行中にスマートフォンを

操作すると、警告画面が表示されます。

動画視聴制限機能


タイマー機能

30分、1時間、3時間ごとに
視聴時間を制限することができます。


動画視聴履歴の確認

お子様が視聴した動画や視聴した時間を
確認することができます。


家族間メッセンジャー

スマモリアプリ内のメッセンジャーを使用して、

家族間での会話ができます。


お手軽な料金プランで
「スマモリ」を体験できる 


すべての機能を各プランでご利用できます。

スマモリプラン
290円

🎟 ライセンス1台
ゴールドプラン
490円

🎟 ライセンス3台
チームプラン
990円

🎟ライセンス10台

すべてのプランに、「スマモリTV」も同時にご利用いただけます。


お手軽な料金プランで「スマモリ」を体験できる 


すべての機能を各プランでご利用できます
スマモリプラン 
290円

🎟 
ライセンス1台 
ゴールドプラン
490円(年3,939円)

🎟🎟🎟  
ライセンス3台
チームプラン
990円

🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟🎟   
ライセンス10台

すべてのプランに、「スマモリTV」も同時にご利用いただけます。


「スマモリTV」で子どもが楽しく動画視聴できるように! 

動画視聴制限アプリ「スマモリTV」

お子様が安全にYouTube動画を楽しめるように保護者が視聴時間や視聴コンテンツを管理できるアプリです。

タイマー機能

30分、1時間、3時間の

3つからタイマーをかけることができ、

視聴時間を制限することができます。

 動画視聴履歴の確認

お子様が視聴した動画や視聴した時間
を確認することができます。

 動画チャンネルのブロック

お子様が不適切な動画を視聴していた場合、再び視聴できないようにブロックすることができます。

保護者様用スマモリとの連動

保護者様用スマモリの管理画面から、動画視聴履歴の確認やチャンネルブロックをすることができます。

Topics

子どものスマホゲームは禁止するべき?親が示すべき姿とルール

2023/01/18

子どものスマホゲームは禁止するべき?親が示すべき姿とルール


子どものスマホとの付き合い方には、親としていろいろな心配事があるでしょう。その中でも、スマホを使ったゲームと子どもとの関係性については、頭を悩ませているという事例が数多く見られます。


この記事では、子どものスマホゲームとの関わりについて考えるべきポイントについて解説します。



1. スマホゲームの危険性は課金トラブルだけではない

子どもがスマホゲームに関わるようになり、報道などでも問題視されたのが「課金トラブル」です。いわゆる「ガチャシステム」に使うために、多額のお金を使ってしまったというトラブルは、スマホゲームを楽しんでいる多くの子どもたちにとって身近な危険でした。


しかし、スマホゲームが子どもにもたらす悪影響は、課金トラブルだけではありません。かつて家庭用ゲーム機が手頃な価格で購入できるようになったときにも問題となった、「依存」の問題です。



2.ゲームは必ずしも悪いことばかりではない

スマホゲームを楽しむことそのものは悪いことではありません。かつて家庭用ゲーム機が販売され、ゲームを通じて同級生と親しくなった子供が多かったように、コミュニケーションのツールとしてゲームが活躍することがあります。


また、ゲームを通じて、デジタルな世界での情報処理に関心を持ったり、イラストレーション、3DCG技術、ゲームで扱われているテーマとしての歴史や文学、神話などに関心を持つという事例も数多くあります。適切に付き合うことさえできれば、ゲームが子どもに良い影響を与える可能性も決して低くはないのです。


しかしながら、子どもが学校での学業や、リアルな世界での友人関係の構築、家庭内でのコミュニケーション、健全な心身の成長をしていく過程において、ゲームがあることでそれらが阻害されるということになれば、それは立派な「依存症」であると判断できるでしょう。



3.なぜ子どもはゲームに熱中するのか?

子どもがゲームと関わるきっかけは様々なものがありますが、学校の友人たちが皆ゲームをしているという現代においては、子どもとゲームの関係をゼロにする、接点をなくしてしまうというのは現実的ではありません。問題は、本来様々な経験をするべき年代である子どもが、それらを放棄してでもゲームに熱中する理由です。


中には、「現実世界では成功体験や、褒められる体験、人との関わりが乏しく、ゲームのほうが楽しい」と感じる子どもや、「ゲームでは成長が数値化されており、目に見えてわかりやすい」「達成感を味わいやすい」ということから、ゲームに熱中してしまうケースもあるでしょう。


子どもが持つこれらの「世界に対する認知」については、親や周囲の大人が適切にフォローし、ゲームと現実世界との違いについて、そして、現実世界における様々な出来事と人間が関わっていかなければならないことを説き諭す必要があります。



4. 親こそが子どもの見本でありルールづくりはその後

一般に、こうした子どものゲーム依存に対しては、「家庭でのルールづくりが有効である」といわれています。では、たとえば親が子どもに対して「ゲームは一日1時間」というルールを作ったと仮定しましょう。


しかし、子どもにルールを課した親自身が、だらだらとテレビを見ているような姿を子どもに見せてしまったり、親自身がスマホゲームをいつまでもやっているというような状態では、子どもは「ルールは破ってもいいものなのだ」という認識にたどり着いてしまいます。


また、子どもの自我が確立してくると、それは親への反発となって現れてくる可能性があります。子どもに必要なのは「押し付けのルール」ではなく、まずは親自身が、子どもの見本たるべき態度を示すことです。その上で、「親自身も約束や、やらなければならないことをしっかりやる」「子どもも、親を見習ってやるべきことをしっかりやり、ルールを守る」という相互信頼が成り立ちます。


このような信頼関係がしっかりできた親子であれば、たとえばゲームの時間を制限するよりも、「親が○時まで休憩するから子どももそのときにゲームをする」「親が休憩を終えたら子どもも一緒にゲームをやめる」といったように、家庭内での行動の様式が出来上がる可能性もあります。もちろん、子どもがいちいち親の行動に追随する必要はありませんが、「ルールだからゲームをやめる」という、ある意味では強要された行動よりも、自発的に「今日はゲームはここまで」と考えてくれる子どものほうが、自立心があり親としても安心でしょう。




まとめ

子どもにとって、スマホゲームは楽しいものです。それはどんな子どもにとっても同じでしょう。勉強を自分から進んでやったり、スポーツなどの活動に勤しんでいる子どもであったとしても、ゲームの魅力にとりつかれてしまう可能性はゼロではありません。


しかし、楽しいことだけをやっていればいいわけではないことは、子どもも大人も同じです。こうしたことは、子どもに対して親が「強制的なルール」で縛るのではなく、「親自身もやるべきことを自発的にやっている」「休憩と仕事や家事とはしっかりメリハリをつけている」という姿を子どもに見せて、子どもの規範となるような振る舞いを普段から心がけることが重要です。


そのような親の姿を見ることで、子どもは「ルールだからゲームをやめなければならない」という、他者からの強制を受けた意思ではなく、「やるべきことがあるからゲームはここまでにする」と自発的に考えられる子どもになっていくのです。


▼お子様が上手にスマホを使えるようサポートできるアプリ「スマモリ」

スマモリ機能

▼無料トライアル実施中

無料トライアル!


豊富なフィルタリング機能で家族の安全を守ります。

スマモリのダウンロードはこちらから! 

スマモリはお子様用アプリと保護者用アプリがあります。